Sea of Tranquility

しずかのうみ

日の名残り

 カズオ・イシグロはブームに乗りそびれて指を咥えて見ていただけだったのですが、機会があったのでまずは映画を鑑賞しました。

 原作者がノーベル文学賞を受賞した話題が最近だったので、この小説や映画ももう少し新しいのかなと思い込んでいましたが、けっこう昔に撮られていたんですね。クリストファー・リーヴが存命だ〜。

イギリスに限らないんですけど、古い建物や町並みが残っている国ってけっこう多いのに、日本ってなんかそういうのないなあ、というのが冒頭の大邸宅の映像でいきなり感じたことでした。ロケ地がどこなのかまでは調べていないけど(エンドタイトルに何ヶ所かリストアップされていた気がするけど)田園風景や海辺の町がきれいでした。

時代がちょうど戦間期で、最近追われていたレポートの課題にもろかぶり。『ダンケルク』の話題も出てきたし、思い出しながら観てしまいました。映画一本観るにも背景知識があるとないとでは全然違うなあと思ったり。

三行で書くと、仕事一筋、尊い仕事に人間味など要らぬと邁進してきたら本当に人間味を失ってしまったプロ執事のスティーブンスさんが、心頭滅却したおかげなのか時代の波にも飲まれずに生き残ったけどやっぱり自分は家の中でしか生きられないんだなあ、としみじみする映画でした。

いい歳した大人が恋愛感情をうまく出せずにもじもじするところが、むしろ気恥ずかしかったです。

私も自分の感情を表に出すのが得意ではないので、こんな感じになってしまいがち。でもまあそれも一つのあり方だからしかたないよねって思いました。(いいのか?)

中でも特によかった部分は…

アンソニー・ホプキンスの顔芸!台詞がなくても顔で語れるのはさすがでした。もうほんとに口輪筋が、見えるか見えないかくらいの微妙な動きをするんですよね…。惚れ惚れします。

クリストファー・リーヴのフランス語!この人は舞台経験もあるので、演技力とかこういうこだわりが本当に見事なんですよね。若くして亡くなったのが惜しまれます。久しぶりに大画面でハンサムなお顔を堪能できてよかった。アメリカ代表として、平べったいアメリカ英語でスノッブに喋るシャープでスマートなおぼっちゃまを演じています。似合う…。

劇中で歌われる„Sei mir gegrüßt“ !(ただし吹き替え!)


Bernarda Fink; "Sei mir gegrüßt"; Franz Schubert

これは選曲の妙について考察しているホームページを見つけて思わず唸りました。この曲は言うなれば「仲直り」の意味を持った歌詞なのですが、戦間期の当時、英米独仏が非公式に集まった会議で、みんなで仲良くやっていきましょう、というメッセージをこの曲に乗せてドイツが発信するのはとても正しい。歌唱も(吹き替えだけあって)素晴らしく正しい。でもそれは逆説的に、「人の善意を担保に果たして平和が実現できるのか?」という疑問を生み出してしまうのでは?現にこの後、お人好しなダーリントン卿はナチ党に味方するような行動に出てしまうのです。

これが「下手くそなシューマン」だったらまた全然違ったはず…、という、さすがクラオタの人は着眼点が違いますね。

原作とは一部設定が改変されているようなので、これから原作も読んでみようかなと思っています。

 

イカロス

www.netflix.com

今年のアカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した作品です。

アカデミー賞自体特に関心がなくて、ツイッターのタイムラインをぼーっと眺めていたんですが、受賞後にこの作品に言及していたのをチラ見したらすごく面白そうで、これは観ておくか〜、ということになりました。

現時点(2018年3月)では劇場公開はされていなくて、Netflixという動画配信サイトでしか観られません。お試し入会をして、さっそく視聴しました。

この作品の監督さんはアマチュアロードレーサー(自転車競技)です。ツール・ド・フランスでのグレッグ・レモンの優勝がきっかけでレースを始めて、自分とあまり年齢の違わないランス・アームストロングのドーピング問題がきっかけでドーピングについて考えるようになりました。

それで、アルプスの山の中を7日間にわたって走り抜けるHaute Routeというレースでの経験を元に

・ドーピングをしてもバレないのか

・ドーピングをすれば誰よりも速く走れるのか

という実験をしてみることにします。これがこの映画のそもそもの始まりでした。

しかし、効果的に効率よく安全にドーピングをするために依頼した研究者から一旦断られてしまい、代わりにオリンピック選手のドーピング検査にも携わっているロシア人研究者を紹介されます。

このロシア人研究者との出会いが、映画の方向性を変えてしまいました。アマチュア自転車乗りのドーピング実験から、国家ぐるみのドーピング隠蔽問題に。

 

ドキュメンタリーですが、撮影が綺麗だしロケーションも凝ってるし編集がうまいしで、よくできたドラマのように観られました。あまりにもドラマとして出来上がっているので、出てくる人が全員俳優ではなく実在の人物で、脚本なんてないんだということを忘れそうです。

国家首脳などの著名人も出てくるんですが、本物です。

時々iPhoneで撮影したっぽい縦長の画面になるのがリアルな感じでした。

本編にもセリフ?として出てくるんですが、スパイものの小説や映画みたいな展開で、その手のジャンルが好きな人には特に面白いと思います。おすすめです。

フェッセンデンの宇宙

ひとまず表題作のみ。

 

フェッセンデンの宇宙 (河出文庫)

フェッセンデンの宇宙 (河出文庫)

 

私がSFを本気で読み始めた中学生の頃には既に名作と謳われていた古典です。有名すぎて読んだ気がしてたけどちゃんと読んだことはなかった。名作で古典ですが、拍子抜けするくらい短編です。

科学者フェッセンデンはものっすごく優秀な人ですが自宅に引きこもり家政婦にも暇を出して大学にも出勤しない日々が続いていました。友人である語り手が、心配になって自宅を訪ねたところ、フェッセンデンは驚くべき実験を行っていたのです…。

みたいなあらすじです。

有名どころなのでオチもへったくれもないから書きますが、フェッセンデンは実験室の中に宇宙を再現していました。そこには恒星系があり惑星には生命や文明が生まれており、彼はちょっとした神の気分をあじわっていたわけです。もっとも神になりたかったわけではなくて、地球上では再現不可能な物理実験をやりたかったというのが本音のようで、フェッセンデンは真面目な物理学者なんだなあという印象でした。

しかし語り手に自分の作り上げた宇宙を自慢しているうちに、彼は「自分が作ったんだから何やってもいいでしょ」とばかりに、そのままにしておけば均衡の取れていた自分の宇宙に介入し始めます。その結果異文化の衝突が起きて、しなくてもよかった戦争が始まったり、隕石が落下して惑星の自然が破壊されたり。ハミルトンの描写がエモいので、つい小さな宇宙の小さな文明に感情移入してしまいました。

「高度な知性と文化を持つ生き物だから殺してはいけないのか?」「人間が自分で作ったものは自分の権利として殺していいのか?」という、倫理学のテーマちっくなことを考えさせられる短編でした。

 

ホロコーストを逃れて – ウクライナのレジスタンス

昨年秋くらいから書こうと思って資料もそれなりに集めつつ他の科目を優先させてしまって中断していた西洋史のレポートを再開しよう !

ということで再度参考文献を集めはじめました。書くブログを間違っているような気がしないでもないですが…

ホロコースト逃れて―ウクライナのレジスタンス

ホロコースト逃れて―ウクライナのレジスタンス

 

レポートの課題として出されている時代とは微妙にずれていて直接引用できる箇所が少ないので感想はこっちに書いちゃおう。

ホロコーストってタイトルにあるのでお分かりかと思いますが、第二次世界大戦のお話です。舞台は、ポーランド領になったりロシア領になったりと長年翻弄されてきた、現在はウクライナリヴィウ州にある街。ウクライナ人とポーランド人とユダヤ人が混在してきた地域でした。ここにドイツ軍が侵攻してきて、ユダヤ人の強制収容を始めます。

主人公はポーランド人の女の子(今作の終わり頃には大人の女性に成長していますが)とユダヤ人とドイツ人。

この女の子のお母さんが卓越した正義感と行動力を持った賢い人で、自分と子供達を夫のDVから守って逃げ出したことに端を発し、最後にはナチスに迫害されるユダヤ人と、どうしても軍隊の行動に馴染めず脱走してきたドイツ兵を自分の家に匿い、生き延びさせるのです。生活力があって機転が利いて度胸があって、本当にすごい人。

でも主人公はお母さんではなくて娘なんです。このお話自体は実話を元にしたフィクションなのですが、語り手を本人ではなくて娘にしたのはうまいなあと思いました。匿う側の娘と、匿われる側のユダヤ人、ドイツ人視点で場面を切り替えながら、同じ隠れ家生活を描写しているのも巧妙です。作者は台湾出身でのちにカナダに移住した東洋人ですが、この実話をドキュメンタリー映画化したものを観て小説にすることを思いついたそうです。小説になったことで「よくできた」偶然が重なってみんなが助かったようになっていますが、本当はもっともっと大変なことだったんだろうなという想像力を忘れないようにしなくては、と思いながら読みました。

個人ブログ等の書評を読んでいると、舞台がヨーロッパなのにヤード・ポンド法が使われているのが興ざめというのもあり(作者がカナダ在住だったからなんでしょうけれど)、偶然が重なるドラマ的手法もあって、さほど学術的にもシビアな内容にはなっていませんが、この地方のことならどんなことでも調べておきたいという希望は叶えられたので、読んでよかったですね。

事前に何も調べずに図書館で手配したのですが、翻訳をされたのがうちの大学の先生だったのは少し驚きました。訳された先生は他にもホロコーストに関わる文献をいくつか手がけていらしたようです。

そういえば、最近こんな映画も公開されていましたね。

zookeepers-wife.jpこの映画の舞台はポーランドワルシャワだそうです。

動物が被害に遭うのは見たくないので、この映画を観る勇気がまだないのですが、もう公開されている劇場が少なくなってしまっているし、行った方がいいかな…。

ダスクランズ

 地味に好きな作家。

ダスクランズ

ダスクランズ

 

 雪の中予約した本を取りに少し遠くの図書館に行った。歩いても行ける距離だけどこの雪なので無理せず電車を使ったら、早めに帰宅する人たちで大混雑。帰りは少し時間差で…と思い、新刊コーナーにあったこの本を手に取りました。

面白くてあっという間に読み進んだんだけど、雪の様子も気になってスマホをちら見しながら読んでいたら半分までのところで図書館の閉館時刻が迫ってきたので、続きは次回。

今回は前半の「ダスクランズ」まで読みました。

書き出しの翻訳がすごくかっこいい。かっこよすぎて主人公の名前だと思わずに読み進めたくらいでした。でもこれ日本語だと面白さ半減…。

ベトナム戦争を背景に、南カリフォルニアでスノッブな生活を送る主人公が冷静なまま少しずつ壊れていくので、それまでがんばって保っていたギリギリのバランスが崩れたのがどこだったのかがにわかに判別できず、まんまとクッツェーに操られた感じで読み終えました。まさにベトナム戦争真っ只中の1974年に書かれたのに、読みようによっては終わった戦争のことを諧謔たっぷりに描いたようにも思えて、気持ちよく混乱しました。

ベトナム戦争は本当に若いアメリカ人が病んだ戦争だったな…とよく知らないのに回顧してしまったり。でもクッツェーは経歴を見た感じでは、当時はもう南アフリカに帰っていたし、在米時も西海岸には住んでいなかったのに、違和感なく書き切るのはすごいなぁ。

比較的最近の作品(『動物のいのち』)は読んだんですが、クッツェーのよさ、というか特徴は、誰でも持っているような、日常生活で瑣末な事務処理に使う脳の部分と、自分自身の過去や人にはあまり見せない深いところにある思考の部分を、並列的にさらっと書いてしまうところのように、私は感じています。

今作は、論文を書くようなお仕事をしている人が読むと、なかなか興味深い構成でした。

余談ですが、主人公が住んでるあたりはうちの親戚も住んでいてついこの間遊びに行ったばかりなので、臨場感が半端なかったです。