Sea of Tranquility

しずかのうみ

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

たまたま時間が空いていたとはいえ公開初日に観に行くとは…

TVシリーズも外伝公開のタイミングで配信されたものを後追いで観たくらいで、そんなに思い入れはなかったんですけどね。

violet-evergarden.jp

壮大にネタバレする予定なのでこれから観る予定のある方は観てから読んでね☆

 

Read more

ドクター・スリープ(映画版)

Netflixで配信されるようになったので観ました!

www.netflix.com

配信が始まったのって9月に入ってからだったんですよ。なんだかこうなることを見越して原作を読破したみたいになりました。私にも微量ながら「かがやき」が…?

原作との最も大きな違いは、アブラの人種がネグロイド系になっていたこと。アブラ役の子かわいいし賢そうだからいいんだけど、違和感はありました。

この映画は原作とキューブリック版のハイブリッドなので、最終的にはキューブリック版の前作に決着をつける方向に話が動いていきます。そのため原作では丁寧に積み重ねていたトゥルー・ノットとの関わりがいまひとつ薄くなりました。ただこれだけ薄くしても上映時間が2時間を超えているので、これ以上原作に寄せるのは無理だったと思います。キングは細部を描き込みすぎなんだよね…。

私としては、クロウ・ダディとアブラが二人で行動していた時のドキドキ感なんかがすごかったので、そこがあっさり終わってしまったのが残念。

あとは、主人公のダンが幽霊や超能力以上に自分の意志の弱さと戦って勝つ過程もほぼオミットされてしまったので(ほんの数分間のシークエンスのみだったし、あれくらいなら本編にはほぼ影響なかったしダルトン先生もほとんど活躍してなかったんだから入れなくてもよかったんじゃないのか)原作とは重みが違うものになっていたと感じました。

ラスト近くでダンはやっぱり飲酒癖と戦うんだけど、そこは別にアルコール依存症患者支援団体のエピソードがなくても話としては成立してたと思うし。

オーバールックの楽しい仲間たちも出てきますけど、明るい場所で見るとちょっと興ざめ(笑)

とはいえ廃墟となったオーバールックホテルが、ダンの帰還を待っていたかのように息を吹き返し始めるあたりにはほどよい緊張感がありました。ラスボスはホテルで、ローズ・ザ・ハットは中ボスに成り下がってしまったけどね。雪の中の迷路のシーンはよかったかな。

アブラとダンの関係という伏線もなかったことになってしまったので、『ドクター・スリープ』というタイトルが浮いてしまった形になったのも残念でした。もっともあの伏線は原作を読んでいても唐突でびっくりしたんですが…。

パパはバーテンで出てきたけど、原作はもっといい役回りだったんだよ。

そこは原作を拾ってほしかったかなあ。

『シャイニング』を観て、読んでいないとピンとこない部分が多いので、ぜひセットでどうぞ!どちらも楽しめましたが私はやはり原作の、キングのしつこい描写が好きです。

ただ、この映画では原作で描かれていなかった部分(ダニーのかがやきがそんなに強いなら何百年も生きているトゥルー・ノットに見つかってないはずがないとかそういうところ)はきっちり拾ってあって、そこはよくできていると思いました。トゥルー・ノットが死ぬ?ところの特殊効果もよくできてた。

ドクター・スリープ(字幕版)

ドクター・スリープ(字幕版)

  • 発売日: 2020/01/30
  • メディア: Prime Video
 

 

ドクター・スリープ

久しぶりのスティーヴン・キング

 『シャイニング』の続編です。

新装版 シャイニング 上下巻 セット

新装版 シャイニング 上下巻 セット

  • メディア: セット買い
 

 どのくらい久しぶりなんだろう。最後に読んだのはどの作品だったかな…。

一番ハマっていたのは10代後半から20代前半くらいだったと思います。当時は新刊の邦訳が文庫化されるとすぐに読んでいました。さすがにハードカヴァーで即買いするほどのコアなファンではなかったけど、高校生の頃に未訳の原書(ペーパーバックですが)を買って一通り読んだりもしていました。これね。短編集ですけどどれも怖くて面白かったです。

Night Shift

Night Shift

  • 作者:King, Stephen
  • 発売日: 2011/07/26
  • メディア: マスマーケット
 

ちなみに現在は邦訳がちゃんとあります。ただし入手は困難。

 トウモロコシ畑は本当に怖いです〜。映画化されたものは観ていません。

話が逸れました。

『シャイニング』はたぶん先に映画を観て、あまりにも怖くて原作も読みたくなったというよくわからない流れだったと思います。学校の冬休み、日付がそろそろ変わりかけていた遅い時間に、上巻だけのつもりで読み始めたら続きが気になりすぎて結局徹夜して全部読んじゃったという思い出がありました。

『ドクター・スリープ』もそんな感じでした。全部一気に買うと一気に読んでしまって他のことが手につかなくなるので、上巻だけKindleで買ってあったんですが、読み始めて止まらなくなるのが怖くて(正直本編よりもそれが怖い)あまり本腰を入れずにいたのです。一章ずつの遅いペースで、1/3くらいは読み進んでたかな。

そうしたらそこからたぶん半年?もっとかも。放置することになってしまいました。

ほんとは今もやることたくさんあるんだけど、ぽかんと空いた時間に、今回も上巻だけのつもりで続きを読み始めたら、今日一日で全部読んでしまった…。(下巻も先月ついに買ってしまったので)

キングの面白さはやはり描写力ですね。相変わらず地名人名商品名などの固有名詞が怒涛のように出てきます。それらが決して余計な情報ではなくて、登場人物の属性や嗜好まで表現してしまうところ。固有名詞に限らず情景の説明力がすごく高いところ。これが読者を惹き込むポイントなのかな、と改めて感じました。

怒涛の固有名詞、アメリカに住んでいたらもっと身近に感じられて、恐怖も一入だったのかな〜。舞台となる場所も、アメリカの中西部、とかナントカ州、みたいな大きい括りではなくホゲホゲ市のアレコレ通り何番地、くらいのところまで具体的に描かれるのがキングのすごいところだなあと思います。これは映像化したくなるでしょうね。その割に成功例が少ないのは、文章で具象化されていると読者のイメージが固定されるので、どう映像化してもなんか違うってことになってしまうのか?うまく説明できませんが。

実を言うと最近、集中力が落ちていて本を読むのに時間がかかるようになっていたんですが、今回はこれもまた久しぶりに、白い紙と黒いインク(Kindleだったけど)だけが視界に入って他は全然見えない聞こえない、みたいな過集中っぽい状態を味わえましたし、後半では登場人物の身体に起きる変調を追体験するような感じにもなりました。ああ、しんどかった。

ではちょっとだけ内容をご紹介します。

前作はコロラド州の雪に閉ざされたホテルが舞台の純然たるホラーでしたが、今作はサイキックバトルアクションです。

不老不死に限りなく近い異能集団(トゥルー・ノット)が、かつては苦もなく得られた糧にも事欠くようになり、更に不老や不死も脅かす新たな危機に見舞われ、自らの存続を賭けて「かがやき」(彼らの不老不死状態を維持するためのエネルギー源)を勝ち取ろうとする…これはトゥルー・ノット目線。

オーバールックから生き延びたダニー・トランスは父親同様酒浸りになり、定職にも就けず各地を転々としていたけどとある少女との邂逅を機に、両親との関係、ホテルでの出来事、自身の能力と向き合うことになる…これはダン目線。

小生意気で癇癪持ちの中学生、アブラがかわいいです。

私、今回も先に映画の予告編を観てしまったのですが、映画ではアブラはカラードなんですよね。原作ではブロンドに青い目のコーカソイドです。これって、PC配慮?


DOCTOR SLEEP Trailer (2019)

ということは映画では原作の「アレ」をなかったことにするのかな?そういえば前作にも映画にも出てくるあの4文字(日本語)/6文字(英語)が出てこなかったなあ?

後半ではそれはあまりにもご都合主義でしょー!とつっこみたくなるような伏線も出てきましたし、前半はダニーがひたすらアルコール+自分と戦うだけ、トゥルー・ノットはヘラヘラ楽しそうに暮らしているだけ、アブラは時々ダニーのところに遊びに来るだけ、というちょっと読み続けるのが苦痛なほど動かない展開もあったんですが、中盤からクライマックスまでは中断するのももどかしいほどにドキドキハラハラできる、読みごたえのある一編でした。

さーて映画も観ようかなあ。

 

いろいろなリスト<文学編>

いろんなリストがあるんですね。

私も作ろうかと思ったけど嗜好が偏りすぎていて需要がないかも。

pulp-literature.hatenablog.com

ラノベに飽きた学生向けの100冊。100!

しかも直近50年に発表されたもの中心なので新しいです。

知ってる作家もちらほらいますが、その作品は読んでなかった…というのが多いです。

クンデラはこのブログにも1作紹介記事を書きましたが、『存在の耐えられない軽さ』が映画化された時には原作の存在は知りませんでした。

クッツェーやピンチョンは大学に入っていなかったら出会ってなかったかも。

最近短編を読んだソローキンなんかも入ってますね。

アジア圏の作家も多く紹介されているのがいいなあ。

 

blog.goo.ne.jp

こちらは古めの作品も入っています。

さきほどのリストよりは少しとっつきやすいかな。ていうか、クンデラだったら『存在〜』より私が読んだものの方が読みやすい気がするしピンチョンも短編集の方がいいような気がするんですよね〜。

ヤンソンも、ムーミンの出てこない『ムーミン谷の11月』がよかったんだけど。

あと、どちらもなぜかエンデのお勧めが『はてしない物語』なんですよね。不思議。

順番からいうと先にこっちを読んでから新しい方に行った方がいいかな?

 

kimyo.blog50.fc2.com

最後は同様の趣旨で幻想文学にジャンルを絞ったリストです。

ウェルズそういえば古典過ぎてかえって読んでなかった。

シェリーは今旦那さんの方のクローゼットドラマを読んでいます。

ジュール・ヴェルヌは『海底二万里』とか『月世界旅行』じゃないところが渋い。

シュペルヴィエルは短編集なんですね。『ひとさらい』最高に面白いのになあ。

ティーヴンスンは『ジキル博士とハイド氏』とか『宝島』は中学生までには読んだでしょ、という前提でしょうか。

そういえばブラム・ストーカーも実はちゃんと読んだことなかった。

ブラッドベリ、さっきのリストでは『火星年代記』でしたがこちらでは『十月はたそがれの国』ですか。私は『たんぽぽのお酒』が好きです。

スタージョンは『人間以上』が…。

しかしジョン・ウィンダムが『トリフィド時代』なのはいいですね。許す。(えらそう

ジャクスンも『山荘綺談』とか『たたり』じゃないのか〜。 

グラビンスキは私も好きなんですけど初めて読む人に『火の書』から勧めるかなあ。

ベンジャミン・バトン 数奇な人生』は映画から入るのも手かも。『エクソシスト』もリストにあるけどやっぱり映画かなあ。そういう意味ではドラキュラもそうかな…。マシスンの『ある日どこかで』も映画がいいですよ!

『ゲイルズバーグの春を愛す』は内田善美さんの表紙を愛でる本。『盗まれた街』も読んでほしい。

ゼラズニイも『光の王』じゃないんですね…ううむ。レムも『ソラリス』じゃないし…。ディックも『ユービック』じゃないしハーラン・エリスンも『世界の中心で愛を叫んだけもの』じゃないし(まあ私の好みの問題ですけど)。

『リプレイ』は新入生学生関係なく読んで〜!面白いから。

キングは通なファンほど『呪われた町』を推すんですよね。面白いけど、私のツボにははまらなかった。

というわけで、私はやはりこのジャンル(怪奇幻想SF)が好きなんだということを思い知っただけでしたが、リストにある本は少しずつ読んでいこうと思います。

10代のうちに読んでおくといい本の話 <哲学編>

最初にお断りしておきますが今回は私は選んでいません。もう少し気持ちに余裕ができてから参加しようかな。

最近になって、2ch(というのが既に古さを感じさせますが)で流行ったコピペがまた話題になってましたね。わざわざ画像を貼ってイキリ散らかしていた人は共感性羞恥をぶつけられて(私もぶつけたw)お気の毒でしたが、あんなことやる方が悪い。

尊敬する(?)大先輩も哲学分野でリストを作っていらしたので見てみました。

sphinxthanrhapsody.hatenablog.com

この先輩、noteではまた別のリストを公開されているんですけど、それはそれとして私がこのリストに対して抱いた感想を一言。

これらの本は、読むのにすごい体力が必要なので、10代に読んでおいた方がいいです!

もちろん?私は10代では全く読んでいなくて、なんなら今でもまだ全部読んでないんですけど、今読むと本当に体がきついです。実際きついのは頭だと思うんだけど頭だって身体の一部ですからね!

そう考えると、大学1〜2年生のギリギリ10代の頃に、こういう体力の要る本を読んでおくしかないとしみじみ思えますね…。

浪人してる人は3浪する前に、受験勉強の隙間時間で読んでおきましょう。

読んでもわからないと思うんですけど、読んだという事実が大事なのです。一度でも通読したという実績を積むのです。何年か経って再読した時に意味がわかればいいんだと思います。

さて、自分でも読まなきゃと思いながら伸ばし伸ばしにしてきたので、ほんとにそろそろ読まないとなあ。

特にカントね。